保育士の求人について

保育士とは、0歳の乳児から6歳の小学校就学までの幼児を保育する人の事を言います。
保育をする為には、保育士資格が必要となり、この保育士資格は保育士試験に合格しなければなりません。


保育士試験には、筆記試験と実施試験の2種類があり、筆記試験では社会福祉や児童福祉等の制度や歴史、小児保健や小児栄養といった知識が必要です。

実施試験では、ピアノやオルガンの演奏や情緒豊かに童話を読む事や、指定された絵を描いたりします。

実施試験では、全てを選択するわけではなくこの3種類の中から2っだけ選びます。

保育士試験は、猶予期間が3年間あり、1年目にどちらかの試験に合格した場合、2年目は1年目に落ちた方の試験に合格すれば、資格を貰う事が出来ます。主な活動の場所は、保育所といった児童福祉施設です。


児童福祉施設の中でも、働く人が最も多いのが児童養護施設です。また、間違えがちなのが幼稚園教諭です。
幼稚園教諭は文部科学省の管轄になり、幼稚園の場合は教育を目的とした場所となります。

保育士の求人は様々な所から入手する事が出来ます。


昔であれば、学校の先生からの紹介やすでに働いている保育士からの紹介が求人のほとんどでした。なので、資格を持っているのにもかかわらず就職が出来ない人が多かったです。

を検索してみてください。

ですが、現在ではインターネットの普及もあり、これによって求人を探す事が手軽に出来るようになってきました。
中には保育士の求人を専門とした求人サイトがあるので、求人を見つけられなくて困っている人にはとてもおすすめです。

情報をお伝えします。

求人サイトには、場所を絞って検索する事が出来、さらに給料や勤務時間等も詳しく紹介している所もあります。

ですが、求人サイトを利用する場合にはいくか注意する事があります。
まずは、サイトの情報を鵜呑みにしない事です。

中には情報が古いままになっている事もあるので、必ず電話をかけ、こちらの希望に沿っているかどうか、応えてくれるかどうかを確認する事が大切です。